FC2ブログ

ウエ ヲ ムイテ アルコウ

毎日を 【プラス人間】 で過ごするために… 身の回りで起こった小さな幸せを、今日の元気に繋げるのだ!

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『阿嘉人(あかんちゅ)と野生に目覚める旅』~その4~

無人島の生活も、3日目。
ともなると、みんなだいぶ野生に目覚めているようで…

  電気はもちろん、水道、トイレ…も無い

という生活は、慣れてきた模様。(笑
風呂も丸2日は入っていないもんなー。。。

2回目の朝は、、、ちょっと遅めの朝。
ってか、何もしていないくせに、暇さえあれば遊んでいるんで、
何故か疲れているんだよねー。。。よくわからんが…。

と言うことで、7時くらいには起きたけれど、
昨日と違って、朝1番で片付け始めたのでした。
何故なら

  9時には、この無人島を出発しなければならないから…

つまり、お別れが近づいていたのでした。なので、

  心なしか会話少なめに、でも手はチャキチャキ動かし、
  出発の準備と、お別れの準備をする朝

なのでした。
もっともっと、この島に居たかったなぁー。。。(泣

 DSC_1822.jpg

風も強かったし、潮の流れもあったので、、、
なるべく早く、無人島を出発しなければならなかったんだけどね。

時化ている海の中を、それでも追い風に乗りながらおよそ1時間。
無事に、阿嘉島に戻ってきちゃった時には、既に

  『また行くぞー!』

と心の中で叫ぶオイラがいるのでした。いつ、行こう。。。(笑

昼飯を、阿嘉島で唯一のパーラーで食事。
沖縄と言ったらやっぱり

 DSC_1826.jpg

 DSC_1827.jpg

  『沖縄そば』

でしょ。オイラ大好きなんだよねー。
しかも、トッピングは、ソーキが最高!!

午後からは、一足先に本島に戻る人たちを阿嘉港でお見送り。
最後まで一緒に居れないのは残念だけれど、でも、

 DSC_1843.jpg

 DSC_1852.jpg

  出会いがあれば、別れもあるのが、人間関係
  だから、面白いんだけど…。

また会うことを約束しつつ、手を振るみんな。。。
なんだか泣けちゃうよね。。。ほんと。
でもこういう場面に遭遇する度にオイラ、

  その場から居なくなる方よりも、
  残される方が、本当は寂しいもの

だと思うんだよね。
今回は、なんだかそっちの気分を味わってしまったのでした。

 DSC_1830.jpg

そんな寂しい気分を振り払う?いやいや、残った時間を満喫するべく、
今度は阿嘉島のビーチでスキンダイビング。

ビーチからエントリーしたとは思えない、カラフルな熱帯魚
入り組んだ地形がお出迎え。今は、防水カメラの性能も上がって
普通に水中写真撮れちゃうんだよねー。

アカウミガメも登場したそうだけど、takeさんが素潜りで

 DSC_1834.jpg

  【オニダルマオコゼ】

を仕留めてきましたー!!
ってか、この背鰭とか毒あるし、口は指を切断してしまうくらい強力だし…
そんなヤツを、素潜りで仕留めるなんて…

  カッコヨスギル!!
  サスガ、ウミンチュ!!(笑

 DSC_1841.jpg

 DSC_1837.jpg

この日は、沖縄地方でも高級肉で有名な

  山城牛 と アグー豚

の焼肉(BBQ)をはじめ、この オニダルマオコゼ のから揚げが
プラスされ、超ご馳走な 【打上げ】 となったのでした。

 DSC_1857.jpg

 DSC_1861.jpg

残念ながら、人数が減っちゃったけれど、でも残された人たちは
再び最後の夜を満喫

  肉を食っては、しゃべくり、
  酔っ払っては、しゃべくり、
  一度寝ては、再び起きて、しゃべくり…

 DSC_1866.jpg

 DSC_1863.jpg

この日も、笑い声は、日が変わるまで続いたのでした。
ほんと、こんな仲間に恵まれて

  サイコー!

だし、今だからこそ、みんなに

  ありがとう!

を言いたいね。
そして、こんな仲間に出会えたことに

  感謝

です。。。


いよいよ、阿嘉島の最終日につづく…





tomotaka...v(^o^)v
スポンサーサイト



| 地球探検隊 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT