FC2ブログ

ウエ ヲ ムイテ アルコウ

毎日を 【プラス人間】 で過ごするために… 身の回りで起こった小さな幸せを、今日の元気に繋げるのだ!

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2010夏 『冒険キャンプ3泊4日』 ~4日目(最終日)~

冒険キャンプの4日目。
つまり、、、ついに最後の日になってしまった…。

 P1000608.jpg

朝飯を食べると、すぐにキャンプも片付けモードに…。
寂しくもあり、だから楽しくもあり。。。

オイラはまだ数日間ココに残るので、ちゃちゃっと片付ければ
用事が終わるのだけれど、子供たちにとってはそれはそれで
大仕事な訳で…

  片付け(帰り仕度)なんてする時間あったら、
  本当は少しでも多く遊びたいんだろうけど、

  でも、時間というのは決まっているからこそ
  大事にしたり、ムダに過ごしたり、
  しいては、離れる際の涙になって現れてくるんだ

と思う。
片付けの合間に、リーダーに駆け寄り、連絡先を集める子供たちが
お別れに近づくにつれ、どんどん増え、まるで、

  憧れのプロ野球選手にサインを貰うかのような光景

がそこには広がっていったのでした…
しかし、携帯番号聞いていく姿には、さすがにちょっと、
年齢のギャップを感じてしまったや…。(笑)

いよいよ閉校式に近づくと、、、恒例になっている

 P1000613.jpg

 P1000612.jpg

 P1000611.jpg

  森への手紙

をみんなに書いてもらうことに。

 P1000614.jpg

 P1000615.jpg

 P1000618.jpg

  恥ずかしそうに隠す子供もいれば、
  1つ書いては見せびらかす子供もいれば、

  鉛筆じゃないと書かない子供もいれば、
  手当たり次第の色を使って書く子供もいれば、

  文字で表現する子供もいれば、
  画で表現する子供もいれば、


そこに十人十色の【森への手紙】が完結したのでした。
その手紙を見ると、その子供が何をこの3泊4日間で感じたのかが
手に取るように分り…

  その手紙の全部を、画像データにして、
  家にもって帰りたいくらいで、

  子供たちにとってだけでなく、
  オイラたちにとっても、

  3泊4日の冒険キャンプをした
  という大事な大事な証拠


になったのでした。

 P1000625.jpg

 P1000631.jpg

 P1000635.jpg

みんなが帰ってから、何度も見直しちゃったよ…

現地に迎えに来る親には、直接お礼と、健康状態を引き継ぎ終了。
でも、新宿駅まで送り届ける子供たちもいて、そういう子供たちは
15時過ぎの特急あずさで、お見送り…

 P1000637.jpg

 P1000639.jpg

 P1000640.jpg

あの、駅のホームでの別れって…なんだか悲しいよね。。。

  恋愛ドラマでも見ているような気分なのだけど、

  なんともあの微妙な窓(扉)を挟んだ距離感が、
  悲しさを倍増させる気がするよ…。


とは言え、ちょっと電車が遅れていたので、
予定よりも長い時間ホームで待ちぼうけしてしまい…

  泣く準備をし始めた涙は引っ込んでしまったのだけれど…(笑

無事に、新宿駅で親に引き継がれた連絡を受けた時には、
この4日間の戦争?緊張?プレッシャー?を支えていた
杖をようやく外すことが出来たんだなぁ…としみじみ思ったのでした。

 P1000642.jpg

と言うことで、夕方以降はぬぼ~っと生活していた為、
殆ど何もしていない夜が過ぎたのでした…

ってか、また明日からは、今までの後片付けと、
新しいキャンプの準備をしなきゃいけないんだけどね!!

あぁー、もうちょっと余韻に浸りたい…(笑






tomotaka...v(^o^)v
スポンサーサイト



| 趣味(outdoor)ネタ | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT