FC2ブログ

ウエ ヲ ムイテ アルコウ

毎日を 【プラス人間】 で過ごするために… 身の回りで起こった小さな幸せを、今日の元気に繋げるのだ!

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2010夏 『親子キャンプ2泊3日』 ~3日目(最終日)~

親子キャンプの3日目。ってつまり最終日。

短い。むちゃくちゃ短い。。。
充実している時や、楽しい時というのは時間が経つのが早い
と良く言われるが…ほんとうに、短く感じる。。。

もっとみんなでツリーハウスを作りたかった。
っていうよりツリーハウスじゃなくてもよくて、
みんなで目標を達成出来れば、いいんだけれど…(笑

 CA3C0667.jpg

 CA3C0669.jpg

朝飯を食べていると、当然まだ未完成なツリーハウスが視界に入る訳で、
到底、

  10:30~ 閉村式

に間に合うような現状じゃないのに…でも、何故かみんな笑っている。
もちろん出来ていないことには、みんな

  悔しいというか、焦っているというか。
  困っているというか、どうするのか疑問というか。

思っているんだとは思うんだけれど、でも笑っているんだよね。

  それが嬉しかった。

だって、ツリーハウス作りの旗振り役である、オイラが1日空けてしまい、
しかも雨の中の作業となったので、思うように進まず、でも帰る時間は
刻々と近づいている訳で…

あと、2時間。。。
あと、1時間。。。

 CA3C0670.jpg

 P1000676.jpg

と作業する時間が減っていくのに。。。

でも、笑っているって。。。
それだけ充実した時間が過ごせている証拠でもあるのかな。

しかも、終了の時間が近づくにつれ、むしろ一体感が強くなり、
凄く協力的で、凄くいいチームワークが取れている時間が過ぎていったのでした。

一応、電車で帰宅してしまう家族がいたし、イベントのメニューは
一通り行わないと歯切れ悪いし、、、ということで、予定通り

  10:30~ (仮)閉村式

を開催したのでした!!(笑
仮としたのは、もちろん、この後、

  残れる家族は残って作業を続ける!

というみんなの意志でもあるので…、(仮)を付けさせてもらいました!!

閉村式でオイラが発した言葉…

 『この家族と家族との繋がりが、来年のこの場にまたあれば
  自分が先頭になって旗を振った甲斐があります。

  正直、こんなに家族同士が仲良くなれると思わなかった。
  そして、そんなみんなを見て思ったんです。

  この親子キャンプが、もりくらに通う仲間になる
  1つのきっかけになれば、嬉しいです!

  みんなで作ったツリーハウス

  残念ながら未完成だけれど、、、
  だから、次にもりくらに来る理由が出来たんじゃないですか!

  ぜひとも、来年とは言わず、遊びに来て、で、完成させましょう!』


っと。
結構興奮していたので、話の流れや言葉は違うのかも知れないが、
こんな内容を伝えたくて、話をしていた…ハズ!(笑

 P1000681.jpg

  (仮)閉村式&(仮)集合写真

1つの区切りではあったけれど、この後、ほとんどのみんなは再び

  メジャーとハンマー持って屋根に登り、
  メジャーとノコギリ持って下で材料の切り出しをし、
  梯子を登ってペンキを塗り、

各々の家族のリミット時間が来るたびに1家族1家族が減っていくんだけれど
有志?は最後の最後まで力を抜かず作業をしたのでした。

みんなは、それを

  サービス残業!!』

と、また笑っていたのでした。

サービス残業…。
無給だし、なるべく早く帰りたいけど、やらなきゃ帰れない。。。

 P1000684.jpg

 P1000685.jpg

 P1000686.jpg

普段の会社では、あんまり聞きたくない言葉だけれど、、、

  この森(親子キャンプ)では、
  自主的に活動するみんなが自主的に作業を続けているのであって、
  いいサービス残業だったなぁ。

  こんなサービス残業なら、楽しい!!

っと正直思ったのは、オイラだけ??

オイラは、連日の移動?活動?のお陰で、さすがに17時くらいには
みんなより先に帰ったのだけれど、その後も作業は続いていたようで、
18時半くらいに

  『屋根できたー!』

  隊長、屋根全部出来ました!!
  もう子供たちが遊んでいます!!


と、1本のメールが来たのでした…

本当に

  こんな家族…じゃなくて仲間に恵まれたことに感謝です。
  こんな貴重な機会を与えてくれた森の管理人トモシゲさんに感謝です。
  こんな時間を作れた、会社や周りの人たちに感謝です。
  こんな自分に協力をしてくれた、キャンプスタッフに感謝です。


本当に、本当に、、、

  ありがとう! と CLAP_YOU!

 P1000561.jpg

を贈りたいです。

最後に、、、

  この9日間の夏休みで得た経験は、とてつもなく大きくって、
  貴重で、自分の中で物凄い栄養になったことは間違いない。

  ココで得ることが出来た栄養は、どこかで必ず芽を出し、
  葉を付け、実を付けることになるはず。だから、、、

  ココで立ち止まらず、また次の一歩を踏み出したい。

  この9日間に直接関わった人だけでなく、
  応援してくれたみんなにも感謝の気持ちでいっぱいです。

  本当に、ありがとう!


 P1000430.jpg

もりくらでのキャンプ
あまりに気持ちよくて…クセになりそうだ…(笑)





tomotaka...v(^o^)v
スポンサーサイト



| 趣味(outdoor)ネタ | 23:59 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT