FC2ブログ

ウエ ヲ ムイテ アルコウ

毎日を 【プラス人間】 で過ごするために… 身の回りで起こった小さな幸せを、今日の元気に繋げるのだ!

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

学生『ボランティアチャレンジスクール』の受け皿としての活動2

前回(8/14)の受入れ(くわしくはこちら)に続き、
2回目のボランティアチャレンジスクールの受入れの為、

  津久井湖の北側の三井の森

へ朝9時には集合。。。

 DSC_3840.jpg

 DSC_3844.jpg

今回は、高校生女子2名、男子2名が参加しての活動となりました。
基本的なメニューは前回と同様に

 AM
 ・何故森林整備をしなければならないのか
 ・枝打ち体験
 ・手を入れた森と、入れない森の違い


 PM
 ・丸太橋製作

という流れだったのだけれど、、、
ふと思ったのは、男子2名の元気の無さ、だったなぁー。

会話すると、

  『あっ、ハイ』

と言う感じの会話しか成り立たず、なんというか、、、弾まないんだよね。
元気あるのかな??っと思ってしまったよ。

草食男子ってやつなのかなぁー。。。

 DSC_3855.jpg

 DSC_3857.jpg

 DSC_3861.jpg

それでも、実際に枝打ちや、手ノコギリを使って伐木作業などは、
今までやったことが無かった経験だったようで、

  楽しかった!

という感想を言っておりました。
楽しかった!が、いいのかは置いておいて…ね。

実際に、今回は本当に触りの部分しか体験出来なかった訳だけれど、
それでも

 DSC_3871.jpg

 DSC_3872.jpg

  ・森林整備って必要なのかも…
  ・森を放置しておくことが、自然保護とは違う


と感じてもらえたのかな。
特に、後者は、自分自身も、

  こういう森林整備に携わらなければ無かった知識であり、
  まだまだ世の中の人には認知されていない事


だと思う。
なので、若い世代に1人でも多く何かが伝わったならば、
ボランティアの受入れをやった甲斐があるのかな。

逆に伝わっていなかったら…
もっと伝わるように努力しないといけないよね。。。

 DSC_3849.jpg

これから、NPO自遊くらぶ秘密基地プロジェクト
お互いに発展していく為にも、どんどん体験ボランティア
受入れもしていく必要があるんだろうね。。。

個人的にも、団体的にも。

  ボランティアチャレンジスクールという制度はいい経験になった

のでした。






tomotaka...v(^o^)v
スポンサーサイト



| 秘密基地PJネタ | 18:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT