FC2ブログ

ウエ ヲ ムイテ アルコウ

毎日を 【プラス人間】 で過ごするために… 身の回りで起こった小さな幸せを、今日の元気に繋げるのだ!

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『尾瀬に行こう!』~その2~

昨日は興奮冷めやらぬ中で、泣く泣く?消灯だったはずなのに、
ものの5分程度で、全員爆睡状態に…。てか、オレの記憶が無い…(笑

で、8時間後の、午前3時…。
いっせいにみんながセットした目覚ましが鳴り始める…。

普段だったらとても苦痛な時間なのに、何故か起きれちゃうんだな。
これも、

  大自然の中に身を置いたからなのかな…

と思いつつ、やっぱりやや眠い現実と、出発するのに遅れてはいけないと
緊張感漂わせつつ、せっせこ身支度をスタート。

 DSC_4749.jpg

 DSC_4748.jpg

山小屋が作ってくれたお弁当を持って、ヘッドライト片手に、朝と夜の間で
微妙に暗く明るい尾瀬ヶ原を月に向かって歩き出したのでした。

  薄っすら浮かび上がる木道と、月明かりに浮かぶ至仏山。
  左右は、一面白黒の世界なのに紅葉をイメージして歩く尾瀬ヶ原。
  ぱっと見渡しても自分たち13人以外は、見えない。

  なんて、神秘的な時間なんだろう。

ちょっと肌寒いけれど、震えるほどじゃないので、歩いていれば問題ないし、
立ち止まっても、歩きながら動く景色も、ぜーーーーんぶが良かったなぁー。

 DSC_4754.jpg

 DSC_4760.jpg

尾瀬ヶ原横断も2/3を過ぎた当りから、

  徐々に白黒の世界から、カラーの世界が広がり始め、
  ある意味、妄想だった世界から、現実の世界に代わり、

  妄想と現実の間の感覚って、、、

  一瞬だったけれど、あの時間は経験しなければ伝えきれない感覚


 DSC_4765.jpg

 DSC_4769.jpg

 DSC_4779.jpg

だった。。。2時間も歩くと、

  山ノ鼻

という、至仏山登山の入り口となる休憩ポイントに到着。
ココでしっかりと体力を回復・蓄積させる為に、朝食タイムに。

いやー、おにぎりに塩が効いていると、何でこんなに美味いんだろう!

 DSC_4780.jpg

 DSC_4783.jpg

朝飯を食べ、出発の準備を終えたところで、今度は、ヨーヘーくんが
激励のラップを披露してくれたのでした!!

ってか、今回のメンバーの中にはラップを初めて聞く人もいて、
それだけでも間違いなくテンションUPでしょー。(笑)

こうして、草もみじが広がる尾瀬ヶ原に別れを告げ、いよいよ
日本百名山の1つ

  至仏山(標高2,228m)

にアッタク!したのでした。。。

 DSC_4793.jpg

 DSC_4800.jpg

 DSC_4801.jpg

ココから3時間はひたすら登り。しかも、今まで湿原だったため、
ほぼ平らな木道だったが、岩場あり、木製の階段あり。

意外とキツイんだよねー。知っている人は知っているけど。

でも、

  少し斜面を登っては、来た道を振り返る度に、
  早朝に歩いた尾瀬ヶ原が眼下に広がり、その向こうに
  燧ケ岳や尾瀬沼が見えると、、、

  足を前に進める活力になるもの


だよね!

 DSC_4803.jpg

 DSC_4811.jpg

オレは2回目だったのだけれど、3時間の格闘は、やっぱり辛かった。
3時間という格闘を追えた先に迎えてくれたのは、

  青い空、白い雲、緑の山、黄色の尾瀬の湿原、
  それらが360度のパノラマとなって広がった世界


であって、かつ、

  頂上まで辿り着いた、達成感に満ち溢れつつも
  一安心してゆるゆるになった13人の仲間


が、いたのでした。
ココで1時間ほど休憩。

  山の頂上で食べるご飯は、サイコー!!

ということを是非とも味わってもらいたかったので、
カレーライスや麻婆豆腐丼、味噌煮込み鍋…
色んなものを持って行って、振舞っちゃいましたーー!

 DSC_4813.jpg

 DSC_4821.jpg

 DSC_4822.jpg

余りに気持ちよかったので、予定よりも長い時間居てしまったが、
そこから尾瀬への玄関である

  鳩待峠

まで、大体2時間。
ひたすら歩いて歩いて。もう膝が笑っちゃう人もいれば
階段恐怖症?になっちゃう人も出たけれど。。。

 DSC_4833.jpg

 DSC_4837.jpg

 DSC_4852.jpg

 DSC_4864.jpg

無事に全員が鳩待峠に戻ってくることが出来ました!!

簡単な気持ちで声を掛け始めた

  『尾瀬に行こう!』

という企画だったけれど、ほんと、

  今回の仲間と一緒に過ごせたことは
  『いい思い出が出来た』という表現より、、、
  『より仲間のパイプが太くなった』という表現なのかな。

何はともあれ、企画したオレとしては、

  登山経験ある人もそうでない人も、
  尾瀬経験ある人もそうでない人も、
  写真を撮るのが好きな人も見るのが好きな人も、
  顔見知りの人たちも今回初めて顔を合わせた人たちも、

  みーーーーんなが太くがっちりと繋がることが出来た


 DSC_4866.jpg

と実感出来るものになって、ほっとしたのでした。

こんなに充実した登山になるとは思わなかったので…
調子に乗って、

  しばらくしたらまた企画しちゃおうかなぁ~

っと思う今日この頃でした。。。
何はともあれ、13人の仲間たちに

  感謝

しているし、

  ありがとう!

という気持ちでいっぱいです。

 DSC_4830.jpg


『尾瀬に行こう!』~番外編~ につづく







tomotaka...v(^o^)v
スポンサーサイト



| 趣味(outdoor)ネタ | 14:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT