FC2ブログ

ウエ ヲ ムイテ アルコウ

毎日を 【プラス人間】 で過ごするために… 身の回りで起こった小さな幸せを、今日の元気に繋げるのだ!

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『石釜パン作り』と『ツリーハウス作り』~2日目~

心配していた天気も崩れず…
ほのかに差し込む朝日と鳥の鳴き声とサルの喧嘩する声で起床。

数人が起きていたけれど、この朝の静かな時間に、再び焚き火を灯し
お湯を沸かし、そして、、、コーヒーを飲む。。。

  なんとも贅沢な時間だよね。
  何度味わっても、、、サイコーです!!


 DSC_5286.jpg

コーヒーを飲み終わる頃、ぼちぼち朝食調理のスタート。
今回の朝食は、

  ・炭火で焼く食パン(ただ袋開けるだけ…)
  ・ほろ酸っぱいスープ
  ・レタスサラダ


なのでした。ってか、基本、自分が食べたいものだけどね。
みんなが起きてきた頃に、無事に完成し、特にスープは好評だったなぁ~

 DSC_5292.jpg

で、腹も満たされたので、ココから再び

  パン焼き準備班 と ツリーハウス作業(窓&薪ストーブ)班

に分かれてスタート。
ついにロフト部分の窓枠の構造を決め、枠とアクリル板の加工にまで突入。
色んな議論の末、ロフトの窓は全部内側に上へ開く構造にしましたよー!

 DSC_5334.jpg

 DSC_5302.jpg

 DSC_5325.jpg

とその頃、パン焼き班も準備が整ったので、オレは石釜の火を入れに
合流。。。が、今回はよろちゃんが手伝ってくれ、あっさりと釜に火が
着いたので…途中からパン焼き教室に参加!!

 DSC_5350.jpg

 DSC_5366.jpg

  やりたかったんだよ、実は。(笑)

コネコネして、伸ばして、コネコネして…
粘土で遊んでいるのを思い出したのはオレだけか?!

そんなことをしている間に、作業がひと段落した人たちがゾクゾクと
合流し、、、大盛況な野外パン教室が開校したのでしたー。

先生曰く。。。

  将来のが なんとなく イメージ できた 体験

だったんだって!!
生徒としては…ワイワイとパン作りをやっただけだったんだけど…ね。(笑)

いよいよ本格的に石釜に投入。。。の前に石釜の状態をサイコー!にする為、
ともしげさんに協力依頼。ともしげさんがふと漏らした、

 DSC_5403.jpg

 DSC_5418.jpg

 DSC_5404.jpg

  プロがパンを作ってくれるんだから、
  石釜もサイコーな状態にしなきゃ、申し訳ないでしょ。


という言葉。ってか、

  プロだからこそ、プロへの心使いだよね。

その間に挟まって、オレも先生の要望する火を作り、維持すべく、、、
本気で石釜の前、立ってました。。。

緊張の初投入!!をし、先生も気になる焼き具合のチェック。
ちょっと焦げてしまったけど、何とか無事に焼き始め…

 DSC_5478.jpg

 
何度とも無く、先生が細かい指示をくれたので、美味しいパンを
作るお手伝いが出来たかなあー。で、楽しかった…。

 DSC_5424.jpg DSC_5425.jpg

でも、現在の石釜にさすがにちょっと限界を感じ…
ともしげさんに、

  『人、集めるんで、石釜作り直しましょうよ!』

と声掛けちゃいました。。。たぶん、晩秋か来年の春くらいかな。
木になるハウスのメンバーなら、マンパワー用意出来るんで、
後は、

  『やるぞー!』の号令、お願いします!!(笑)

全てのパンが無事に焼ききり、昼はみんなで焼きたてパンを食べながら
パンたちの記念撮影。。。?!

 DSC_5439.jpg

 DSC_5462.jpg

  自分で作って、自分たちで焼いて、自分たちで食べる。

当たり前なんだけど、この当たり前が、、、
何倍にも美味しさに輪を掛けてくれるよね。

改めて、

  『参加する』ことに意味がある。。。

  じゃなくて、

  参画する』ことに意味がある

という言葉を痛感した石釜パン作りになったのでした。
ってか、パン教室の先生は、オレのうちのすぐ近くに住んでいた
ことが判明し、、、パン教室に体験参加しちゃおうかな~!!
 
 DSC_5484.jpg

幹事役だった、ともちゃん。

  ご苦労さまー!

そして、

  『ありがとう!

 DSC_5483.jpg







tomotaka...v(^o^)v
スポンサーサイト



| 趣味(outdoor)ネタ | 22:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT