FC2ブログ

ウエ ヲ ムイテ アルコウ

毎日を 【プラス人間】 で過ごするために… 身の回りで起こった小さな幸せを、今日の元気に繋げるのだ!

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2010.10ふじ晴沖縄ツアー~4日目(楚洲→那覇)~

2010.10ふじ晴沖縄ツアー4日目。。。

今日は

  楚洲でらくだば農園→那覇で覆面調査(笑)の日。

なのだ。

楚洲は、沖縄本島の北端にありながら西海岸でもあるので、つまり…
あさひの丘という名の通り、

  朝日が、バッチグー!

昨日も2時過ぎまで歌って飲んでしまったので、、、ちょっぴり目覚めが
遅かったけれど、何とか朝日が昇っていくのを見れたのだ。

 DSC_6343.jpg

 DSC_6341.jpg

水平線がオレンジ色に染まり、ちょっと朝靄っぽく幻想的であり、
そんな景色を見ていると、

  太陽って、全ての生きている者へパワーを与える存在

なんだなぁーって実感するよね。
朝日、朝日、朝日…

前回、朝日を眺めて、同じことを思ったのは、きっと尾瀬ヶ原を
歩いているときに昇っていく太陽を眺めていた時かな。。。

  太陽、無くては生命の存在は何もあり得ない。

  だからこそ、太陽が登場するシーンの時に、
  『生きている』って実感が沸き易いのかも、、、


ね。

 DSC_6344.jpg

施設内で併設するデイサービスと兼用の食堂で朝食を済ませ、
いよいよ、

  らくだば農園

へ出発。今回の農園での作業は、

  ・トラクターで掘り起こし→畝を作る
  ・ジャガイモ(種芋)を植える
  ・ゴーヤ(苗)を植える
  ・バナナ(苗木)を植える


ってところかな。

 DSC_6350.jpg

 DSC_6361.jpg

 DSC_6365.jpg

でも、この日もガンガン太陽が照りつける中で、農作業だったので、
たかが1時間程度だけれど、汗だくだし、結構侮れないのでした。
しかも、土も粘土質なところが多く、お世辞にも栄養満点な土とは
言えない中での農耕って…

  本当に…沖縄の農業は大変なことだ

っと身をもって感じたのでした。。。

 DSC_6357.jpg

ちなみに、GWに植えたバナナの木は、自分たちの身長以上の
背丈になってましたー。このまま順調に育てば、来年にはバナナが
付いてくれるかも…

  ちょー嬉しい!!

短い期間だけれど、やっぱり人と人の出会いと別れが繰り返される訳で
農作業が終わると、今度は新城とおちゃんとのお別れがやってきて…
とおちゃんは一言…

 DSC_6372.jpg

 DSC_6377.jpg

 DSC_6371.jpg

  2月に会う時までに実がなっていたら、
  持って行くからなっ!!


って言ってたや。
自分たちは、頑張ってみんなで通っても、1年に数回しか行けないのが
現状であり、当然その間に面倒を見てもらっているのはとおちゃんであり、
とおちゃんは

  みんなが楚洲まで来てくれるきっかけがここにあるなら
  喜んで畑を面倒見てやるよー


って心で言っている訳で…そう思うと、

  野菜を見るたびに、
  畑を見るたびに、

  元気な新城とおちゃんを見るたびに、
  ちょっとウルウル来ちゃう


オレでした。

  必ず、また、来るよー!!

そう言って、楚洲を出発し、次の目的地に向かったのでした。
次の目的地…

 DSC_6390.jpg

  紅型染め体験

へ。。。
染物とか、陶芸とか。そういうのって性格が出るんだけど、平均して

  男性の方がこだわりが強い

みたいだね。何でだろう。
全くもって、オレも当てはまるけど…(笑)

 DSC_6396.jpg

 DSC_6400.jpg

 DSC_6404.jpg

体験とは言え、ココで作ったみんなの紅型染めは、

  ふじ晴のコースターにする

と決めている訳で…
みんな真剣モードで染めまくったのでした。。。で、帰り際に
講師の人たちに『ふじ晴』をアピールすると、なんと

 DSC_6407.jpg

  額に入った、紅型染めランチョンマット

を頂いちゃいました!!!
なんていい人たちだ、ウチナーの人たちは…

今回は紅型染め体験しか出来なかったんだけれど、他にもいっぱい
色んな体験が出来るみたいで…意外と面白かったなぁー。
次は、陶芸とかやってみたいな…

ココからは、一路那覇に向かい、一度ホテルへ。
夜モードに準備したら、今回のツアーの最大の目的である、

 DSC_6411_20101029202857.jpg

  実際に地元で流行っているお店にお客として
  見て、会話して、味わって、感じてくる


というミッションを決行。
男女の感覚の違いや、値段の設定の仕方や、年齢…
色んな複雑な条件が絡んで、それでも受け入れられているんだろうから、
そこから何か1つでも多くヒントを掴みたいよね。

で、オレはゴリさんと、AIちゃんと3人で、

  

というBARへ。地元では、超有名なお店らしいが、
実際に行って見ると、これがなかなか敷居が高いような低いような。

外看板にも『土』という名前しか出ていないし、入り口も狭い通路の
奥だし、しかも店の中は殆ど見えないし…

 DSC_6412.jpg

 DSC_6424.jpg

結果から言えば、丁度お店のイベントと重なってしまったので、
普段のお店の感じは掴めなかったなぁー。っと。でも、感覚としては

  地元の人たちとの交流は深められそうな店

って感じだったな。ミッション無いときに、ゆっくり来て、ずーーっと居座ってみ
たい店だったかな。

続いて二件目は

  コトノハ

というアジアンのような、北海道のような、不思議な居酒屋へ。
どうやら、アジアン系飲み屋だったけれど、数年前から北海道の食材を
使った食事を充実させたみたい…。

 DSC_6429.jpg

 DSC_6430.jpg

 DSC_6435.jpg

まぁーぶっちゃけた感想で言えば

  地元の若い女性が好きそうな店

であって、ちょっぴりおじさん入ったオレより上の人は、たまに…
でいいかな。もうちょっと美味しい店か、落ち着く店に行きたい!
って感じ。(笑)

自分たちのほかにも、2班が同じことをしていて…
後で情報を収集すると、色んな話が聞けそうだなぁー。

と思いつつも、ふじ晴側にもハッキリしないといけないポイントが
浮かんでくるのも事実なのでした…。まぁー、感じた(発見した)こと
全てが、今後のための1歩になる訳で、、、

 DSC_6420.jpg

  東京帰ったら、ミーティング!!

だね!!

  2010.10ふじ晴沖縄ツアー~5日目~ に続く。。。






tomotaka...v(^o^)v
スポンサーサイト



| 仲間ネタ | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT