FC2ブログ

ウエ ヲ ムイテ アルコウ

毎日を 【プラス人間】 で過ごするために… 身の回りで起こった小さな幸せを、今日の元気に繋げるのだ!

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

『働かないアリに意義がある』って本

先日、電車の中吊りで、

働かないアリに意義がある (メディアファクトリー新書)働かないアリに意義がある (メディアファクトリー新書)
(2010/12/21)
長谷川英祐

商品詳細を見る

  長谷川英祐著 『働かないアリに意義がある』

という本があるのを知った。
本は読んでいないのだけれど、ちょっと気になったので、
その後色々ネットで調べたり、このことに書いてあるブログ
感想なんかを見てた。

簡単に内容を書くと…

 1.働きアリの中の20%は働かない
   (自分の体舐めたりウロウロしてるだけ)

 2.働きもののアリ80%だけで集団を作っても、
   その中の20%は働かない働きアリになってしまう。

 3.働かないアリ20%だけで集団を作ると、
   その中の80%は働きはじめる。

 つまり、働かないアリにも意義がある、ってこと。


ってことなんだけど…。
この事実を、

  ただ『働かないアリがいる』とだけ捉えるんじゃなく、

  『何故働かないアリがいるんだろう?』

  と捉えているところが面白いところ

だよね。
この事実が分った後も、色んな人が研究しているみたいだけれど、

  いくら働きアリと言えども24時間働き続けることは出来ない。

  つまり、動きが鈍ってきたときに、働いていなかった80%の中から
  働くアリが登場し、アリの組織は24時間生き続けることが出来る


ってことらしい。

おまけに言うと、どうやら、その

  8:2の割合が、効率上最も優れている

ってことらしい。
オレは、ただ読んだだけなので、証明は出来んが…

で、オレも、体育会系の遊びをしていたときに、全く同じことで、
よくよく遊びの師匠から、言われた言葉に、

  10人集まれば、そのグループをまとめたがる2~3人が現れる。

  その2~3人を色んな所からかき集め10人のグループを作ると、
  結局リーダーシップを取るヤツは、2~3人になってしまう。

  逆にリーダーを抜かれた8人のグループの中で、1~2人の
  リーダーシップを取るヤツが現れる。

  リーダーの集まりの中で、リーダーシップを取れるヤツが

  本物のリーダーであり、本物のリーダーを目指せ!


と。

当時、オレはやっぱりリーダーの中のリーダーに憧れた?ので、
ガツガツと必死にやったけれど、なかなか

  意識してその部分を越えるって大変だったし、簡単ではない

って思う。
結局越えたのか、越えないのかは、自分では分らんけど…でも、

  その時もがいた経験は、少なくとも今のオレを作っている

ことは確かだということは、ハッキリ言える。
その時は越えられなかったんだけれど、その経験が今、むちゃくちゃ
活きているって思うし、これからも活きるだろうし、、、

ある意味、

  その経験は、世間一般のその辺にいる人には絶対負けない!

って思っているし、でもそれに酔っている訳じゃなくて、

  常に、これ以上のモノを目指したい(なりたい)って思う気持ちは
  持ち続けたい、持ち続けるのがオレらしさ


だ!
って思って生きている。

なんか、たかがアリの話だったんだけれど、
色んなことを思い出した話だったので、、、

ちょっとココにも書いてみました…

もっと話が聞きたい人は、勝手に問い合わせちょうだい。
酒でも飲みながら、延々と話をしてあげるよ!!(笑)







tomotaka...v(^o^)v
スポンサーサイト



| 目に留まった!ネタ | 19:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |