FC2ブログ

ウエ ヲ ムイテ アルコウ

毎日を 【プラス人間】 で過ごするために… 身の回りで起こった小さな幸せを、今日の元気に繋げるのだ!

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

石窯(ピザ窯)作り@もりくら 2日目

1日目は、ほぼずーーーっと雨のもりくら

時折強く雨が叩きつけるような天気の中で、モルタル作業って…
世間一般の土木・建築現場ではありえないよね。でも、

  もりくら、だから。。。(笑)

で、天気予報で『一応、晴れそう…』とは分っていたものの
やっぱり山の天気だからね。しかも大町って、長野の天気とも
全く違う天気や気候だから。

あんまり期待大にしないで寝たのもあったけれど、
目覚めてみたら、窓から入ってくる光が

  眩しい!

おっ、と期待度UPにしつつ、窓から空を見ると…

  真っ青!!

澄んだ青空で、山脈もハッキリ見えて、昨日までの天気は嘘のよう。
もうその時点で、テンションUPだね。

 DSC_1408.jpg

 DSC_1409.jpg

 DSC_1413.jpg

朝飯を食べ終わり、残りの滞在時間と作業を考えると…
あら、意外と時間無いじゃん。。。ってことで、早速作業スタート。

今日の作業は、

  レベル調整モルタルを塗り、
  300角の焼タイルを貼り付け、
  燃焼室の床を作り上げること


なのでした。
調整モルタルの配合は、昨日と同じで、

  モルタル0.8:山の粘土質な土4.5:水2

を使用。

  タイルは、ガーデニング用の焼タイル(300角)

を使用。
また、タイル間の目地幅は、当初5mm程度を予定したけれど
作業効率や、細骨材の大きさの関係で10mm程度で施工することに。

 DSC_1416_20110428235748.jpg

 DSC_1417.jpg

 DSC_1418_20110428235747.jpg

そして、目地モルタルは、見栄えと耐久性を考え
耐火モルタルに、タイルに合うように黄色を着色し、施工。

  水平に作ることの難しさ

を満喫?苦悩?格闘?しつつ、みんなで悪戦苦闘すること3時間。
ようやく、それなりの形になってきたところで、

  モルタルが無くなったので、泣く泣く終了

したのでした。残り、10枚くらいなのかなー。
せっかくここまでやったら、全部終わらせたかっただけに、
ほんと、泣く泣くだよね。でも、仕方ない。

 DSC_1422.jpg

 DSC_1424.jpg

 DSC_1429_20110429000135.jpg

初めて森に来た人もいたので、片付けを終わったら、森を散歩に。

  ツリーハウスを見ながら、山菜を採ったり、遊んだり。
  カモシカ調査やサルや鳥を探してみたり、
  雪解けの地から顔を出した薄紫の花は、

 DSC_1438_20110429000133.jpg

 DSC_1444_20110429000133.jpg

 DSC_1452.jpg

  春を楽しみに待ってましたー!

  と言っているような気がしたなぁ…。

たかが2日間。
でも、実際は、往復の移動時間が含まれちゃうので

  森に滞在していた時間は大体24時間

この24時間で、

  都内で生活するのに使っていたスイッチOFFになったし
  また、体中に眠っていた本能というスイッチONになった


かなー。そう思うと24時間は、大事な時間だったな。

 DSC_1459_20110429000359.jpg

 DSC_1461.jpg

  また、来たい。来よう!
  てか、来るのは、当たり前でしょ!


そんな言葉を心の中でつぶやきつつ、帰宅の途に着いたのでした。。。

本当は、先週末と今週末の2回の週末で、石窯作りを完成させる予定
だったけれど、良くも悪くも土台までが完成。これから、一番楽しい
石窯アーチ部分に突入する訳で…

 DSC_1465_20110429000357.jpg

 DSC_1463.jpg

  石窯作りにちょっとでも係れるのが、楽しみだ!





tomotaka...v(^o^)v
スポンサーサイト



| 趣味(outdoor)ネタ | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |