FC2ブログ

ウエ ヲ ムイテ アルコウ

毎日を 【プラス人間】 で過ごするために… 身の回りで起こった小さな幸せを、今日の元気に繋げるのだ!

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2011学生『ボランティアチャレンジスクール』の受け皿としての活動2

先日も開催した、相模原市の中・高校生を対象の

 DSC_4636.jpg

  ボランティアチャレンジスクール
   相模原市のHPは → こちら
   先日の様子は → こちら

だが、今日はその2回目の実施日なのでした。
という事で、秘密基地プロジェクトと共に森林保全活動をしている

  NPO法人 自遊くらぶ

の本拠地?である、

  津久井の三井会館

に9時に集合。
秘密基地プロジェクト側の参加者は、

  Boss.T、オレ、YUKO

の3人で参加してきましたー!

 DSC_4641.jpg

 DSC_4642.jpg

 DSC_4644.jpg

今回の参加者は、学生1名、一般参加者1名と少ない状態だったので…
特別な気を配らず、あえてみんなで常に一緒、という感じだったかな。

ちょっと時間があったので志望した動機を聞いてみたら、

  森林保全とかに興味があったから

だって。
嬉しい一言だけれど、オレが中学生の時にそんなこと思っていたかなぁっと。

  こんな時代だからなのか?
  それとも、環境問題は盛んだからなのか?


 DSC_4645.jpg

 DSC_4647_20110821080049.jpg

 DSC_4653.jpg

まっ、どっちにしろ、目の前に興味を持った学生がいることが嬉しいよね。
作業内容は前回と同様

  ・ノコギリを使って下草刈り&間伐

というところから。
1人で参加な訳で、当然交代する人もいないので…

  いつもよりいっぱい体験してもらっちゃいました。

当たり前だけど。笑
途中で、

  整備してある山と、していない山との違いや、
  森林整備の意味や必要性


なんてことも、話ながら、汗をかいたのでした。
ある程度の太さの木を倒した瞬間の

  わぁー、これだけでも随分明るくなったー!

という言葉を発したのを聞いた時、

  実際に体験してもらった意味あるなぁ~

と思ったのでした。
昼は、みんなで弁当を食べ、ちょっと昼寝し…
再び午後の作業に。

  ・一本梯子と安全帯を使っての枝打ち
  ・チェーンソーを使っての間伐


は、さすがに男子。
機械ものが嫌いじゃないようで…。

 DSC_4673.jpg

 DSC_4667.jpg

 DSC_4669.jpg

ちょっと動かすどころか、実際に木を切ってみたい、という事で

  玉切り

までやってみたのでした。
ノコギリとチェーンソーの違いを感じれたことは、本当に大きいよね。

一人ならではの内容で、この日も森林保全体験は、終了。
最後は、道具の片付けと、刃物類のメンテナンスをして、
現場を後にしたのでした。

再び会館に戻ってからは、軽く復讐したり、今後の活動などを話し、
最後に感想を聞いたら、

  暑かったけど、面白かった!

だって。
短い言葉だったけれど、

 DSC_4684.jpg

 DSC_4685.jpg

 DSC_4687.jpg

  林業の『大変さ』と、意外とある『面白さ』を感じてもらえて
  いやー、ほんと良かった、良かった。


ボランティアチャレンジスクール終了後に、少しだけ、

  自遊くらぶの今後の活動について

ミーティングをして、本日の作業は無事終了。
夏山は、蚊や虫も多いし、湿度高いと汗だくだし。
想像以上に大変な作業なんだけれど、

  山は生きている訳であって、つまり、

  1年の内で、一番成長する夏が、
  その森の生命(生態系)を強く感じれる時期

だと思う、オレでした。

夏に出会う昆虫や、動物、植物こそが、
その山の豊かさが分かるハズ。

 DSC_4668.jpg

だから、少しでも夏に足を運びたい。
そう感じた1日でした。。。






tomotaka...v(^o^)v
スポンサーサイト



| 秘密基地PJネタ | 19:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |