FC2ブログ

ウエ ヲ ムイテ アルコウ

毎日を 【プラス人間】 で過ごするために… 身の回りで起こった小さな幸せを、今日の元気に繋げるのだ!

2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

見慣れた都会を、船の上から眺めるのも、いいね!

あくまでも仕事ネタ…笑

最近は新しいことにも挑戦中で、その中の一環で

  自分の会社のFUNをもっと作ろう!

という主旨の企画を作っている所なのでした。
で、今日は色んな繋がりあって、ボートを乗ることに。

  ボートに乗って、海(川)の上から、
  都会を探検しよう!


的なノリで企画をするのだけれど、先ずは自分たちが
行ってみて感じてみないと、みんなの心を掴めないから、ね。

それに、最近ではスカイツリーも開通したところから
隅田川や江戸川でも相当ツアーや、ボート、カヤックなどが
出入りするようになって、しかも人気があるのも事実。

その人気とやらを、実際体験してみないとね!!

 RIMG9818.jpg

 RIMG9812.jpg

 RIMG9820.jpg

勝どきマリーナに集合し、コースを確認。
また、イベントをやるときの制限や、時間など…
諸条件を確認し、よし、これなら出来るでしょ!!
ってところで…

実際水上に飛び出してみたのでした。

今日のルートは、ごくごく一般的な

  勝どきマリーナ → 隅田川 → 日本橋川
  → 神田川 → 隅田川 → 勝どきマリーナ


という周遊コース。
どちらかと言うと、ボートのスピード感とか、水上を
縦横無尽に走り抜ける爽快感とか…そういうものではなくて

  都会を抜ける川の上から、
  普段眺めている都会を眺めてみる


という感覚のコース。
先ずはマリーナを出ると、すぐにかの有名な

 RIMG9823.jpg

 RIMG9827.jpg

  勝鬨橋

を通過。橋を下から眺めるって、、、正直それだけでも
オレは結構好きで、萌えっとしちゃうんだよね。

他にも色んな歴史や、デザインの橋を眺めつつ、
いよいよ日本橋に向かって上空にも色々な障害物?が登場。
って、

 RIMG9847.jpg

 RIMG9855.jpg

  首都高

だけれど。笑
ジャンクションの複雑さや、意外と綺麗にデザインされた
床板裏や、補強された構造物などを見ると、ついつい
シャッターを押す指にも力が入っちゃう、オレ。

日本橋川を上りながら、

 RIMG9859.jpg

 RIMG9862.jpg

 RIMG9873.jpg

 RIMG9891.jpg

  江戸橋をくぐって、江戸橋ジャンクション。
  日本橋をくぐって、神田橋をくぐって…ひた走る。

いつもは車で通る首都高速も、船で見上げると、、、
また一味もふた味も違う景色が広がっているもんだ。

途中、神田川と合流したら、今度は河口に向かって下って、

 RIMG9898.jpg

 RIMG9904.jpg

 RIMG9908.jpg

 RIMG9913.jpg

  水道橋を眺めて、御茶ノ水を眺めて、
  聖橋をくぐって、万世橋をくぐって、
  神田橋の抜けたら。。。再び隅田川へ!

水路として使っていた川だから、あちこちに
歴史を感じる部分の残っていたり、
新しい歴史が上乗せされていたり。

何だか水上から見る都会の街並みは、

  表からは見えなかった部分なので、
  ちょっと恥ずかしかったり、裏舞台であったり、
  都会の裏側を垣間見る時間

でもあったのかなー。っと。

実は、オレ自体、スクーバダイビングやシーカヤック
しるので、船に接する機会が多い方だったから、

  船舶免許について、相当興味あり!

のでした。
うーむ。せっかくボート関係にも少し詳しい人が繋がったし
もう少し身の回りが落ち着いたら、真剣に考えてみようかなー。

 RIMG9921.jpg

 RIMG9920.jpg

と、甘い期待?妄想?をしつつ、、、
先ずは、

  このワクワク・ドキドキ感を
  どうイベントとして表現しようかな


と頭を整理するのでした。
よーーし、色んな人がメリットが出るような企画を考えよう!










tomotaka...v(^o^)v
スポンサーサイト



| 仕事ネタ | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |