ウエ ヲ ムイテ アルコウ

毎日を 【プラス人間】 で過ごするために… 身の回りで起こった小さな幸せを、今日の元気に繋げるのだ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011.05ツリーハウスに泊まろうin長野~1日目~

今週末は、長野県大町市ツリーハウスの森

 DSC_2613.jpg

  千年の森もりくら

キャンプだよー!
しかも、いつもは木になるハウスという団体で通うのだけれど、
今回は、

  秘密基地プロジェクトイベント

として足を伸ばすのでした。

毎年秋に実施していた

  ツリーハウスに泊まろう!in長野

へ参加した人達が、あまりに次の開催を期待し、声を寄せるので、
今年から秋だけじゃなく、春にも開催することにしました~

 DSC_2601_20110602221619.jpg

 DSC_2623.jpg

現地には、13時に集合・・・なんだけれど、
先ずは3食分の食材や消耗品の買出しをしてから
いよいよ

  もりくらへ!

たまたまオレの車は、何度かもりくらに行ったことがある人たち
だけの配車だったので、次々登場するツリーハウスには驚かないけれど、
でも、

  草木が萌えた緑色の世界を、実際この眼で見た瞬間は、
  分ってはいたけど…サイコー!


だね。
少し雨が降る中での、現地到着だったけれど、

  はしゃがずには居られない

よね~。(笑)
早速、昼飯を食べながら、前回来た時と変わっているところをチェック!

  新緑だったり、枝ぶりだったり、
  昆虫だったり、花だったり、
  トイレだったり、小屋の設備だったり、
  自然だけでなく、人工物もチェック!


チェックって言っても、間違え探し=粗探しをしている訳じゃなくて、
前回と違うところを探すことは、

  森に来れなかった時間を、何とか埋め戻す作業をしている

んだろうな、オレにとって。
違いを見つけては、

  あっ、成長している!
  あっ、壊れちゃった!
  あっ、新しい!    …等


を感じて、楽しんでいるんだけどね。
今回、秘密基地プロジェクトイベント参加者は、
子供たち、メンバー入れて、総勢12人。

  初参加の親子さんも居れば、
  今回からスタッフ側で参加も居れば
  3度目の参加の人も居れば、
  既にもりくらに通う人達も居れば、


まぁ、特に対象者を設けていないので、つまり…
興味を持った人、全員が参加対象者なんだけどね!

 DSC_2635.jpg

 DSC_2639.jpg

 DSC_2641.jpg

この森では、水や電気は勿論、ガスも無い訳だし、
野生動物と一緒に生活する為には、森の生活を知らねばならないし。
そんな中で、先ずみんなでやったこと。

  やっぱり、水汲み!!

自分で水を確保することを経験することで、水の大切さを体感出来るし、
当たり前だけれど、飲んだり料理したり手を洗ったり…
大人も子供もこの、水汲みに参加することが、

  もりくらでの生活の一歩としてとっても大事なこと

だからね。
続いて、今日泊まる場所を明るいうちに見ておく為にも、

 DSC_2649.jpg

 DSC_2651.jpg

 DSC_2658.jpg

  森の散策&泊まる場所=ツリーハウスを確認!!

この時期には、カメムシとか昆虫の活動も活発化してくるので、
明るいうちにもう一度掃除をしたり、道具の位置を確認したり…

コレも大事な森の生活の一歩だよね。
再びみんなの広場に戻ってきた時には、自然と

  薪割りをしたり、料理の下拵えをしたり、火を起こしたり

誰が何をやる、って訳でもなくて、

 DSC_2663.jpg

 DSC_2665.jpg

 DSC_2666.jpg

  それぞれやりたい事を好き勝手やっているのに、
  それぞれの生活をする為の行動になる


ってこの感覚、いいよね。
本人は楽しんでいるだけなのかも知れないけど、
必然的に誰かの為になるってことだもんね。

暗くなる前に、温泉に行き、再び集合したのは、19時になる頃。
さすがに日が長くなってきたとは言え、太陽が沈むと夜は一気に来るね~。
あっという間に真っ暗になった森で、今度は子供たちが先頭になって

 DSC_2678_20110602222528.jpg

 DSC_2685.jpg

 DSC_2686.jpg

  ナン作りをスタート!

自分で作ったナンが焼きあがると、トッピングをし、そして食べる。

  自分の分(事)は自分で…

なかなか普段の生活では教えるのに大変なんだけれど、
こういう森で教えるのは、簡単なんだよね~。だって、、、

  食事をしたくない人、いないもん

ね!!
パーティの時には、同じ日程で森に来ていた『木になるハウス』の
メンバー達とも合流し、約30人のパーティがスタート!!

語る人も居れば、食う人も居て。

  この焚き火を中心に、ごちゃ混ぜの状態が、
  普段、人の名前に着いて回る、全ての垣根を取ってくれて、
  だから人の交流としてムチャクチャ魅力的でいい


んだよね。
そんな中、なんと、

 DSC_2689.jpg

 DSC_2699.jpg

  二人も?!、サプライズ誕生会をやるって所が、またいい。

ケーキの登場に本人ちょっとびっくり照れながら、
抱負を語ってくれたのでした。

この後、再びお酒を飲みながら、ほろ酔いで語り、気付いたら…
2時近くまで、焚き火を囲んで居たのでした…。

 DSC_2711.jpg

ってか、もう寝なきゃ!!(笑)





tomotaka...v(^o^)v
スポンサーサイト

| 秘密基地PJネタ | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tomotaka130.blog100.fc2.com/tb.php/1246-5b440ce8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT