ウエ ヲ ムイテ アルコウ

毎日を 【プラス人間】 で過ごするために… 身の回りで起こった小さな幸せを、今日の元気に繋げるのだ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オレとほぼ同じだけ生きているモノ、発見。

小雨が降る中、今日は朝から相模原のとある現場へ。
と現場に着く直前に、欅の並木路の下でふと目にしたのは、

 IMG_1851.jpg

 IMG_1852.jpg

  真っ赤なボディに白いルーフのいかにも旧車

な佇まいをしている車。
思わず足が止まり、近づいて行くと…

  日産 ローレル

でしたー。
しかも2ドアハードトップなので、正式名称は

  ローレルハードトップ2000GX

ってことだね。
たぶん1970年代前半の車だと思うので、オレとほぼ同じ歳か、
少し上か…な。つまり、約40年前の車。

真っ赤なボディに、真っ白なレザートップ。

って、当時相当斬新な配色だったろうに。
この当時の車の特徴であるハードトップ(=HT)は、
今のそれと全然違うんだよねー。

  HT=固い屋根

って子供の時に直訳してて、つまり屋根の構造を丈夫にして
窓を下げると支柱(Bピラー)が無くて、開放的!!

なのが特徴なのだよね。
昔、子供の時に同じ様にセドリックの4ドアHTを乗ってて
子供ながらに

  なんじゃ、この解放感は!

感動し、乗る度に『窓開けたい!』って言ってた記憶が蘇るよ。

って事で、その時代の車の特徴を表しているなぁーと思いながら
ぐるりと1周してみると、

  40年間存在している証

があちこちと。
ボンネットの塗装や、ルーフのレザーのヤレ具合といい。
ネジ1本でさえ、40年の歴史を刻む証拠に、錆び錆びになってて…。

 IMG_1853.jpg

 IMG_1854.jpg

なんちゅーか。

  カッコイイ

なぁーと。
ボロボロだろうと、オリジナルを突き通しているその姿勢がカッコイイ
当時のまま、多少ヤレてても、動けばいいんだよ。動けば…みたいな
感覚でこの車を所有しているということは、当時からずっと乗っている車だろうし、
ざっと見積もっても

  所有者(運転手)は、65歳以上

の方だろうね。
で、この車が、好きで好きでたまらないんだろうね。

そう言うのが伝わって来るから、だからなおさらいい。

  ハイブリット車やEV車じゃなきゃエコじゃない!

みたいな風潮があるけれど、こうやって物を大事にし続けるのだって

  立派なエコ!!

だと思うんだけれどな。
だから、オレは一目惚れしちゃった訳だし、応援したくなった訳なのでした。
って事で、本当は誰かとこの車について熱く語りたかったが、
現場に向かう途中だったし、そもそも独りだったし…後ろ髪を惹かれる思いで
この車とお別れをしたのでした…。

いつかどこかで、また会おう!!







tomotaka...v(^o^)v
スポンサーサイト

| 愛する乗り物ネタ | 19:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tomotaka130.blog100.fc2.com/tb.php/2929-105667e5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT